メイン画像

セキュリティの向上が急務な現代

少し前だと、セキュリティといえば、「自宅の戸締りをキチンとしているか」、「ご近所さん付き合いで地域ぐるみの防犯対策」というのが一般的でした。

しかし、最近では、近所付き合いが少なくなり、隣の住人とのつながりが希薄になってきているという話を聞きます。また、自宅の戸締りも空き巣などピッキング技術が向上しており、犯罪を犯す者が専門知識を持っているケースも増え、セキュリティ対策もそれに合わせて進化しています。

また、セキュリティでは、物理的な防犯対策だけではなく、個人情報などの貴重な情報資源を狙った犯罪も急増していることから、情報セキュリティ対策の必要性が急激に増しています。

身近なところでも、家庭に1台のパソコンと言われる現代で、日本のインターネット普及率の高さから、ネットを介した情報の保護を、一般家庭でも求められるようになりました。

そのため、少し前までのセキュリティ対策が現代の犯罪に対して効果が無くなってしまっている場合も多く、自宅や職場のセキュリティ対策をもう一度考え直している方もいると思います。

しかし、現在のセキュリティ対策は高度化した物が多いため、「いったいどんな犯罪に対して効果があるのか?」と疑問を感じている方もいらっしゃると思います。

そこで、今回、このセキュリティ・ニュースでは、現代に適したセキュリティ対策の詳細、犯罪を防ぐために知っておいてもらいたいことを中心にして、これまで行った犯罪などの例を挙げて、セキュリティ対策全般に目を向けていこうと思います。

情報セキュリティがわからないという人

新しいセキュリティが必要になった現代で、なるべく早くに取り組む必要があるのが、情報セキュリティです。
国でも総務省が国民のための情報セキュリティというホームページを作り、そこで情報セキュリティ対策の重要性と必要性、そして、情報犯罪の危険性について解説をしており、犯罪の取り締まりを行う警察でも、近年増えている情報犯罪についての取り締まりから、防犯対策の方法まで紹介をしています。

実際、年々インターネットを介してのサイバー犯罪は増加傾向にあり、被害者の数も、被害を受けていると認知しているだけでなく、認知しておらず犯罪に巻き込まれてしまっている人など、今も多くの人が被害に遭っています。

こうした状況の中で、警察や国が取り締まりや法整備をすることも大切ですが、自分でも身近な部分で情報セキュリティ対策が必要になっています。

特に年配の方は、情報セキュリティに疎く、サイバー犯罪の標的にされることもあります。
ここでは、情報セキュリティについて、わかりやすく解説をしていきます。

最新投稿

  • セキュリティの向上

    セキュリティを考え、自宅からオフィスなど重要な場所の防犯対策に役立てください。